大規模修繕のメリットや具体的な工事内容について説明します。

マンションの大規模修繕に必要なこととは

マンションの大規模修繕に必要なこととは TOP

マンションの大規模修繕を検討しているオーナーの方や管理組合の役員の方の中には、建築に関する知識がないからと、定期点検や修繕を工事業者や管理会社に任せっぱなしにしていないでしょうか。

分譲マンションの場合、長期修繕計画に基づいて改修工事を行っていきますが、マンションの資産価値を維持するために修繕工事は非常に重要です。

修繕工事になると、専門用語が多く、業者から説明を聞いても理解できないという方は多いと思います。しかし、大規模修繕の流れや工事内容についてある程度理解しておけば、業者の説明もわかりやすくなると思います。
また、コンサルタントにお願いするにしても、役員の方は工事が問題なく進められているのか、実際に目で見て判断しなければなりません。

しかし、マンションなどの修繕工事に関しては、一般の方にわかりやすくしているサイトというものが少ないように感じました。

実は、当サイトの管理人は、長い間、工事監督として働いてきました。
もちろんマンションの大規模修繕に関わったこともあります。
その経験を活かして、マンション修繕工事の内容、業者の選び方など基礎知識を、初めての方が読んでもわかるように簡単にまとめてみました。
修繕工事の流れや内容をざっと知っておくだけでも、業者やコンサルタントの方とのコミュニケーションがスムーズになり、工事が適切に進められているか確認することができると思います。


パートナー選びが大切

大規模修繕には、多額の支出を伴うため、失敗することは許されません

大規模修繕工事を成功させるには、パートナー選びが大切です。

大規模修繕工事には、管理会社や施工業者の他にも、一般の建築士事務所やマンション管理士などのコンサルタントにも依頼するケースがあります。

マンションで管理を依頼している管理会社でも施工工事を行っていることもあります。
そのため、管理会社に依頼すればよいと考える方もいるかもしれません。
管理会社では、マンションの管理組合ではどのぐらいのお金を持っているのか知っています。そのため、必要でない修繕を前倒しで提案してくる管理会社も中にはあります。
管理組合では、パートナーとして管理会社を信頼しきっているため、自分の儲けのために費用が高くつく修繕を押し付けてくるとは思っていません。そのため、管理会社にすべてをまかせっきりではいけません。

現在は、公共事業が減っており、さらに、マンションの供給も頭打ちとなっているため、建設業界は景気が悪い状態になっています。
大手ゼネコンであっても、修繕工事に参入しています。
過当な競争が起こってしまうと、手抜き工事などが蔓延することになってしまいます。
工事は安く上げることが理想となっていますが、質の悪い修繕を行っても意味がありません。そのため、品質の高い修繕を適正価格にて行ってくれる業者を選定することが大切です。


大規模修繕における注意

大規模修繕工事を行うにあたっては、管理組合が修繕すべき部分と、区分所有者が修繕すべき部分をはっきりさせることが必要です。


管理組合が修繕すべき部分は、屋上防水、外壁、共用廊下、エレベーター、自転車置き場、機械式駐車場、給水管、受水槽、排水管などの共有部分です。

給水管や排水管などは、共用部分と専有部分が一体化していますが、給排水管の工事として、共有部分も専有部分も一緒に行うのが一般的です。
というのは、共用部分となっている立て管を修繕しても、居室内の横引き管が古いままでは修繕の効果が得られないからです。

また、マンションの管理会社から「築何年たったから修繕しなければならない」、と言われることもありますが、管理会社の言いなりになってはいけません。

大規模修繕を行う時期というのは特に決まっていません。
それでは、いつ頃修繕を行なえばよいのかというと、設備の耐用年数、メーカーの保証期間、現場の状況、修繕積立金の残高、などで変わってきます。

長期修繕計画においては、ほとんどのマンションが10~15年サイクルで、大規模修繕を計画しています。
できれば、15年のサイクルにするなど、工事を先延ばししたほうが、修繕積立金を低くすることができます。


TOPへ戻る