施工業者選定の方法

施工業者選定の方法

施工業者選定の方法

大規模修繕を行うにあたっては、透明性や公正性を維持するために入札制度を採用しています。
公募することで、大規模修繕工事を希望する業者が募ってきます。また、マンションの修繕組合が業者を探して見積を依頼することもあります。

工事業者を決定するための流れを以下に紹介します。

1. 組合で設計仕様書と数量積算書、見積書のフォーマットを作成します。
2. 組合で、工事請負業者の規模、実績などの条件を決定します。
3. 業界紙やネットを使って、業者を公募します。
4. 応募してきた会社の中から、書類選考を行い、候補の業者を絞ります。
5. 候補の行書に見積もりを依頼します。また、詳細な見積もりを依頼するために、現地説明会なども行います。
6. 業者に見積書を提出してもらいます。
7. 見積書の金額や内容を確認し、候補の業者を3社ほどに絞り込みます。
8. 工事担当の現場代理人となる方から、工事中の住民への対応やどのような体制で行っていくのか説明を受けます。
9. ヒアリングの結果を、委員から投票してもらい、業者を決定します。
10. 臨時総会を開催し、決議を行います。同時に住民へ説明会を開催し、契約を交わします。


大規模修繕はかなりの額が動くため、施工業者を選定するにあたっては、透明性を確保することが必要です。
不透明な方法で施工業者を選定することは、住民たちに不透明なお金の流れを印象付けてしまいます。
総会で、施工業者が内定するまでの流れを納得いくように説明することができれば、後で問題が起こるようなこともありません。

TOPへ戻る