大規模修繕のメリット

大規模修繕のメリット

大規模修繕のメリット

マンションでは、大体10~15年おきに大規模修繕を行っています。
かなり大がかりな工事で、マンションの躯体を維持するために補修をおこなったり、共用部分の改修を行います。
マンションの場合、経年による劣化は避けられないため、定期的に修繕をすることで、建物としての資産価値を維持できます。

大規模修繕を行うことで、マンション躯体の強度を高めることができ、建物を安全に保つことができます。
例えば、壁にひび割れがあれば、水が浸み込んで、内部が錆びることがあります。
また、屋上の防水機能に不具合があれと、そこから水漏れが起こり、建物内部が腐ってしまうことがあります。
建物に不具合が見つかってから修繕をするのではなく、定期点検を行い、必要に応じて市補修することで、マンションを長持させることができます。

次に、大規模修繕により住民が暮らしやすくなるというメリットもあります。
共用部分を修繕することで見た目も綺麗になりますし、住民の高齢化が進んでいる場合、バリアフリー工事を行うことで、生活しやすくなるでしょう。
また、子供が多いのであれば、必要に応じて柵を設置したり、駐輪場を整備することもあります。

大規模修繕には時間も費用も掛かりますが、得られるメリットは大きくなっています。
大規模修繕により、利便性も安全性も高くなるため、高く売ることができますし、賃貸に出した場合も入居者が集まりやすくなります。

TOPへ戻る