大規模修繕の流れ

大規模修繕の流れ

大規模修繕の流れ

ここでは、大規模修繕を実施するまでの流れについて説明します。

1.修繕委員会の設立
大規模修繕は計画してから工事完了まで長期間かかりますので、その間に俚耳が交代した場合計画が不明確になりトラブルに発展することもあります。
このようなことを防ぐために多くの管理組合では修繕委員会を設立します。

2.劣化診断
屋上の防水設備、漏水や雨漏りの有無、外壁のタイルの浮きや剥がれ、塗装の状態、コンクリートのコンクリート亀裂、劣化、鉄骨の錆、バルコニーの状況など細各点検して修繕が必要な部分を確認します。

3.設計・資金計画
劣化診断をもとに、工事を行うべき部分を決定します。
ここでは、長期修繕計画書と合わせて資金計画を立て、過剰な工事がないかどうかも確認します。

4.業者の選定
まずは、見積り参加業者を公募し、競争入札にて透明性を確保することが大切です。
見積り書の書式などを統一すれば、各業者の工事費が高いのかどうか判断しやすくなります。ただし、工事費だけではなく、業者の経営状態や実績しっかり確認します。
また、大規模修繕工事は、住民が生活している状態で工事を実施するため、住民への配慮もしっかり出来る業者を選ぶことも大切です。

5. 請負契約の締結
管理組合の総会を実施し、住民に向けて、大規模修繕に修繕積立金を充てること、請負工事の承認を得ます。その後、業者から住民に工事についての説明があります。

6.工事着工
自治会や近隣の住民への説明、資材置き場の確保などの準備を行います。
準備が整えったら工事の着工となります。
途中で、工事の進捗状況や手抜き工事が行われていないかどうかチェックします。

7.竣工
工事完了前に現場でチェックを行います。

TOPへ戻る