躯体補修工事

躯体補修工事

躯体補修工事

躯体補修とは、建物の素地の補修工事を行うことで、亀裂、欠損やピンホールなどを削ったり、埋めたりしてする重要な作業となっています。

ビルやマンションなどの建物は、鉄筋とコンクリートから成り立っています。
鉄の酸性とコンクリートのアルカリ性を中和させることで、耐久性を高くしています。
コンクリートは、気温が高いと膨張し、低いと収縮します。長期にわたって膨張と収縮を繰り返すと、ひび割れなどを起こすようになり、そこから雨水が侵入する、内部の鉄筋も腐食していきます。そのまま放置すると、錆びた鉄筋が膨張し、コンクリートを押し出すようになります。
さらに劣化が進むと、崩落事故が起きたり、給排水や電気設備が故障するなど生活に支障をきたすことがあります。

このようなことを避けるためには、定期点検を行い、修繕を行わなければなりません。
劣化が進んでしまった場合、かなり大掛かりな修繕となり費用もかかりますが、定期点検を行って、コンクリートのひび割れが小さいうちに補強したりなど、定期的に補修を行うことで、建物の劣化を抑えられます。
躯体補修工事は、コンクリートのヒビ、鉄筋の亀裂、欠損、浮きなどを修繕し、建物そのものの寿命を延ばします。
また、躯体工事をしっかり行っているかどうかで、その後の塗装工事、防水工事、磁器タイル改修工事の仕上がりも大きく異なります。

躯体工事は、建物の寿命を左右するための最も重要な工事なのです。


TOPへ戻る