床防水

床防水

床防水

マンションの廊下、バルコニー、階段室などの床は、雨水をスムーズに排水できる仕組みが採用されているため、通常は防水のための対策はしていません。
しかし、床部分にヒビが入ってしまうと、漏水する恐れがあります。
定期的に床部分の点検を行い、必要であればしゅうぜんをしなければなりません。

・バルコニー床部分の防水
バルコニーは頻繁に出入りする部分であるため、劣化しやすくなっています。
バルコニーは室内からの出入りしなければならないため、工事は、仮設足場にて外壁塗装を行うなどの大規模修繕と同時に行うことが多くなっています。
バルコニーの床全体の修繕には、ポリマーセメント系の急硬弾性防水、塗膜防水、シート防水などの後方が採用されます。中でも、耐久性が高い塩化ビニールシート工法を採用することが多くなっています。

・部分修繕
床にヒビが入っている場合、エポキシ樹脂、無機質浸透性防水剤、シーリング剤を用いたり、塗膜防水などを採用することで部分的な修繕をします。

・階段室や廊下の床防水
廊下や階段室はモルタル仕上げとなっているものがほとんどです。
防水対策は行われていないことが多く、建物の劣化と共に漏水が発生する可能性が高くなります。
ひび割れや水たまりなどがある場合は、修繕が必要です。
最近は、長尺の塩化ビニールシートを床に張ることで、防水効果を高める方法が採用されています。

TOPへ戻る