屋上防水

屋上防水

屋上防水

屋上防水工事には、大きくアスファルト押え防水工法、アスファルト露出防水工法、シート防水工法、塗膜防水工法の4つに分類できます。

・アスファルト押え防水工法
屋上の床がコンクリートになっている場合、アスファルト押え防水工法を採用します。
ほとんどのマンションで採用されている工法となっています。
アスファルト押え防水工法の耐用年数は20年と言われており、防水工法の中で最も優れた工法と言われています。
基本的構造は、アスファルト防水層で屋上を防水し、この防水層を押えコンクリートで上から押えることにより、損傷から守り、同時に、建物の劣化を防止します。

・アスファルト露出防水工法
押え防水工法のようにコンクリートの押え層を設けないで、砂付きルーフィングというシート状の防水層を露出させるという工法です。屋上に人の出入りが少ない場合に採用する工法です。
構造は、アスファルト防水層を砂付きルーフィングでカバーし、建物の劣化を防ぎます。

・シート防水工法
シートを防水層として使用する工法のことです。塩化ビニル樹脂系シート、加硫ゴム系シート、非加硫ゴム系シートなどを用います。
ほとんどのケースでは、露出工法となっているので、この工法を採用している場合、屋上を見ただけですぐにわかります。

・塗膜防水工法
高分子化合物された液状の材料を床に塗布し、防水層を形成します。
この工法は、複雑な形状の屋根や屋上でも簡単に防水層を形成出来るというメリットがありますが、下地精度が高くなければ採用できません。
塗膜防水工法に使用される材料には、ウレタン樹脂系、ゴムアス系、アクリルゴム系、軟質ポリエステル系、ポリマーセメント系などが挙げられます。
この工法は新築物件で採用することは稀で、基本的に改修工事のときに採用されることが多くなっています。

TOPへ戻る